2018年6月23日土曜日

【YANGON CALLING】6月25日~6月27日 City Mart Marketplaceのイベントに出店します

6月25日(月)〜6月27日(水) 9:00AM~8:30PMに、シティマート・マーケットプレース(シンガポール大使館の向かい)のミャンマー・ローカルブランドの物産展にYANGON CALLINGとして出店します。
お買い物にお越しの方は、よろしければついでにお立ち寄りください。
一日12時間同じ場所にいるため(スタッフなしで一人でやっているので)、遅い時間帯になると疲れて目が死んでるかもしれませんが。
商品については、YANGON CALLINGのFacebook Pageでご覧になれます。


City Mart Marketplace in Golden Valley:
No 403 / A, Dhamazedi Road & Golden Valley Road, Bahan Township, Yangon



買い物ついでに行ってみようかな?
と思ったらクリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年6月16日土曜日

ミャンマー人の肖像〜Su Su(21)売春婦の場合

最近、Human of Myanmarというウェッブサイトが開設されて、市井のミャンマー人の姿が紹介されています。ミャンマーに暮らしていても、ほとんど接点のないタイプの人びとの声を聞くことができて興味深かったので、そのひとつを日本語に訳してみました。

Su Su, 21. Prostitute, Yangon
ス・ス 21歳 売春婦 ヤンゴン

この仕事をはじめてから5年経つわ。
わかってほしいのは、これは単なる仕事だってこと。あたしがナイトクラブに行くのは、他の人達がオフィスに行くのと同じよ。誰だってこんな仕事はしたくないけど、他に選びようがないの。

あたしたちは、大酒飲みで酒乱のお父さんのもとで育った。お父さんが亡くなったら、いちばん年上だったあたしが弟妹達を養う必要があった。お金のために男達と寝るのは割のいい仕事だし、昼間に弟妹たちの面倒を見ることができる。あたしたちは郊外に暮らしていて、何のスキルもない15歳の女の子ができる仕事なんて他にはなかった。

海外へ留学するのが夢なの。お金ができたら、夢を叶えるつもりよ。みんな売春婦には、夢も目標も、感情さえもないって思ってる。あたしたちは、あなた達と同じ普通の人間よ。傷ついているし、悲しいし、それぞれ事情があるの。あたしたちみたいな人間は、ミャンマーみたいな保守的な国では、簡単にわかった気にされてしまうの。タフでないとやっていけないし、お金のことも考えなくちゃいけない。そうじゃなければ圧し潰されちゃうもの。

きっとセックス・ツーリズムは、ミャンマーでもっと盛んになると思う。パイオニア・クラブやパークロイヤルに行ってごらんなさい。いっぱい飢えた男達を見ることができるわ。哀しくなるけど、それが仕事なの。この仕事を辞める時が来るまでは。

あの人達を裁けるかですって?、それはないわ。だってここは、みんなが素敵な仕事をしていて、素敵なお家があって、素敵な家族がいるパーフェクトな世界じゃないもの。あたし達が生きるのは、リアルな世界。生き延びるためには、どんなことでもしなきゃいけない。

最悪だったのは、ひどく酔っ払ったイギリス人のお客を取ったとき。彼はあたしにひどくみだらな行為を要求して、あたしが断ると暴力を振るった。だいたいのイギリス人は悪くないのだけれど。

中国人は最悪ね。アメリカ人がいちばん、気前が良くて、金払いがいい。

夫と子供が二人いるわ。彼は、あたしの仕事については気にしてない。お酒を飲むのとギャンブルをするのに、あたしの収入が必要だから。いつもそれから逃れようとしていることに、いつも捕まってしまうのって不思議よね?

ミャンマーが、バンコクやマニラみたいにならないことを祈るわ。ミャンマーはあんなに悪徳に染まってないし、これからもずっとイノセントであって欲しい。
何かいい人ぶってて、変に聞こえるかもしれないけど。そんな男達がたくさんヤンゴンに来た方が、あたしにとっては好都合なわけだし。
でも、あたしはこの国とここに住む素敵な人達を愛しているの。だから、私達の国を汚して欲しくないの。

心に刺さるものがあったらクリック
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年6月11日月曜日

2018年6月時点のミャンマーのファッション産業を考えた

2015年7月にミャンマーのファッションブランドについての投稿で紹介したミャンマーのローカル・ファッション・ブランドのCiCiの路面店が今年に入ってから閉店しています。ミャンマーで唯一オンリーショップの路面店を構えた中間層向けのブランドでしたが、採算的に店舗の継続は厳しかったのでしょう。
一時は、ミャンマー初の屋内型ナイトマーケットとして鳴り物入りで登場したUrban Village(元Urban 86)にも出店していましたが、こちらも撤退しています。というか、あそこは今やテナントの撤退率が90%以上に達して、もはや商業施設としての体をなしていませんが。
このブランドのコンセプトは、ミャンマーで働く女性たちの服という印象でしたが、企業のオフィスなどで勤務する女性がミャンマーにはまだまだ少ないので、対象となるマーケットそのものが小さ過ぎたのかもしれません。
ミャンマーには、他にもオンリーショップを構える少数のブランドがありますが、ほぼ富裕層に特化したニッチなマーケットを対象としています。



ブランドそのものも店舗と同時に閉鎖したのではないかと思っていましたが、雑誌に広告が載っていたので、ショップは畳んだものの、オンライン販売でブランド自体は継続している模様です。


上の広告は、ミャンマーを代表するファッション雑誌『MODA』に掲載されていました。
MODA』はリアルクローズ寄りのファッション雑誌で、日本では『non-no』や『CanCam』あたりと同じ位置付けの雑誌です。シティマート内の書店などに置いているので、ミャンマー在住者で手に取られた方も多いかもしれません。
他に、モード寄りのファッションをフォローしている、日本では『GINZA』や『Numero Tokyo』あたりに該当するミャンマーのファッション雑誌として、『POSH』があります。こちらの雑誌は扱っている書店が少なく、入手がけっこう難しいです。


ちなみにミャンマーで、一般的に一番人気のある海外ブランドは、COACHです。『MODA』にもタイアップ広告を載せていました。ヤンゴンには正規販売店があります。


3、4年前までは、ミャンマーのファッション雑誌のグラビアは、ディズニー・アニメのプリンセス的なドレスに、独特のミャンマー・テイストが加わって、見当違いのポイントに着地した謎のお姫様ルックが主流を占めていましたが、今ではかなり普通ぽくなってきました。ここ数年で海外旅行をするミャンマー人と、海外から帰国したミャンマー人が増えたのが一因でしょう。



編集長もいかにも海外帰りのミャンマー人といった佇まいです。おそらく、オーストラリアかシンガポールの大学を卒業しています。ミャンマーでは、アメリカ、イギリスへ留学するさらなる富裕層だと、家業の事業経営に携わるか、実家の資金で起業するケースが多く、親族が経営する会社以外に勤務することは少ないです。


MODA』は、普段は立ち読みだけ済まして、買うことは少ないのですが、今回はメンズのスタイリングが気になったので、購入に至りました。
今回は、ロンジーとジャケットをコーディネートしたスタイルの提案がされています。




おそらくトム・ブラウンの2018春夏のコレクションから着想を得たのでしょう。
このコレクションでは、スカートとテラード・ジャケットの組み合わせが、ファッション業界で話題になりました。




ミャンマーにも、トム・ブラウンを参考にしたメンズのスタイリングの提案が現れたのを目にすると、時代は変わりつつあることを実感します。3年くらい前までは、雑誌のスタイリングも洋服のセオリーを無視した完全な我流で、海外のファッションの動向を追っているスタイリストは、非常に少なかったように思います。

中間層向けのローカル・ブランドとして路面店を開いていたCiCiの後を継ぐようなミャンマー・ブランドは、現状見あたりませんが、もう少し時間が経てば、新たなチャレンジャーが登場するのではないかと予想しています。

ミャンマー・ファッションの動向が
面白いと思ったらクリック
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年6月5日火曜日

【お得な情報あり】サンチャウンのシティマートへポップアップ・ショップを出店します

【追記 2018.6.5 16:30】本日、イベントの詳細がわかりました。以下の記述を追記・修正しました。

今週の6月7日(木)、6月8日(金)にサンチャウンのシティマート・ミニゴン店へYANGON CALLINGとして出店します(この投稿の終わりに、お得な情報あり)。
ミャンマーのローカル・ブランド・フェアに地場ブランドのひとつして、1Fイベント・スペースにブースを出します。


営業開始は、おそらく9:00AMからです。閉店時間はわかっていません。営業時間は、午前9時から午後9時までです。ミャンマーらしく、出店者に対する、事前の詳しい情報がありません。シティマートで定期的に開催されているローカル・ブランド・フェアに参加してみたかったので、情報がほとんどないまま見切りで出店することにしました。
ミャンマーのローカル・ブランドが共同で出店する "Products of Myanmar - Let's Grow Together" というイベントに、ローカル・ブランドのひとつとして参加します。




City Mart Myay Ni Ghone Branch 
No.231, Corner of Pyay Road and Shin Saw Pu Pagoda Street, Sanchaung Township, Yangon.

お得な情報
このブログを見たと店頭でおっしゃった方には、表示価格より10%引きで販売いたします。お買い物のついでに、立ち寄っていただけると嬉しいです。
商品のラインナップについては、Facebook Page YANGON CALLING をご覧ください。


6月7日(木)、6月8日(金)に
サンチャウンのシティマートに行ってみようかな
と思ったらクリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年6月3日日曜日

ミャンマーの音楽シーンが雑誌『ポパイ』に紹介されていた

先日、日本に一時帰国した近所の友人に頼んで日本語の本を何冊か買ってきてもらいました。その中の一冊に雑誌『ポパイ』があります。
最新号の特集が「ぼくの好きな音楽」で、どんな音楽が紹介されているか興味があったのでお願いしました。
『ポパイ』は5年くらい前に誌面をリニューアルしてから、特集号の情報密度が圧倒的に高くなったので、気になる号があれば、出来るだけ読むようにしています。


この特集号の中に、世界各地のポップミュージックを紹介している特集ページがありました。たとえば隣国のタイでは、東北部のイーサン地方のモーラムという伝統音楽が、クラブ・ミュージックとして世界中のDJから注目を集めているとのことです。世界各地のコレクターや研究者から音源が掘り尽くされたため、バンコクではめぼしい盤が入手できなくなり、地方の骨董屋などでデッドストックを探す状況になっているそうです。

そういえば、去年バンコクへ一時出国した時も、70年代のタイ・ファンクを扱った中古レコード屋をトンローの裏通りで見つけました。90年代の日本のポップミュージックの傾向のひとつとして、渋谷系と呼ばれる一群のバンドやグループが勃興し、「ハッピーエンド」などの先駆的な和物のロックを再評価する運動がおきましたが、タイの文化状況も、この時期の日本と同様のポストモダン的な段階に入っているのではないかと推測します。




バンコク・トンローの中古レコード屋

ミャンマーでは未だ近代化の途上にあるので、自国の文化を土着性からいったん切り離し、世界各地の文化状況を俯瞰しつつ、自国の文化的エスニシティやオリジナリティを再定義するというポスモダン的な文化運動はまだ興っていません。
分かりやすい例をあげると、タイでは地場資本によるサードウェーヴ・コーヒー・ショップが定着しつつありますが、ミャンマーでは今年スターバックスの一号店ができるのが話題になっています。こうした文化環境は、在緬外国人からすると、いささか刺戟に欠けるのは否めません。

そんなわけで、サブカル的な文脈でミャンマーが紹介されることは、これまで皆無と言っていいほどなかったのですが、何とこのコーナーでミャンマーのパンクロックについて言及したコラムを見つけました。クラッシュの代表曲「ロンドン・コーリング」が、ミャンマーでは替え歌「ヤンゴン・コーリング」となって演奏されていることが紹介されています。
このブログのタイトルも元ネタが「ロンドン・コーリング」なので、誰でも考えそうなアイディアですね。4、5年前にドイツ人が撮ったミャンマーのパンクロック・カルチャーを追ったドキュメンタリー映画も『YANGON CALLING』というタイトルです。




かなり突っ込んだ内容だったタイの音楽についての記述に比べれば、内容が薄いのは事実ですが、ファッション・サブカルを扱う雑誌にミャンマーが登場したのは、おそらくこれが初めてであることを考えると、相当に歴史的なことかもしれません。
ちなみにヤンゴンでは、「Side Effect」というクラッシュそっくりの音像のパンクロックバンドが活動しています。ヤンゴンのフランス文化センターでライブを観たことがあります。

ミャンマーで発行している日本語フリーペーパーも、日系企業や日本食レストランの情報を追うばかりではなく、こうした草の根的に活動するユース・カルチャーもフォローすればいいのにと思います。 パンクロックやヒップホップなどのムーブメントが、ヤンゴンのアンダーグラウンドな場所を舞台に、現在進行形で盛り上がっています。
音楽に限らず、ミャンマーの現代文学や現代アートなどもカヴァーしている日本語メディアがないので、現地の同時代カルチャーの分野は狙い目ではないでしょうか。
ミャンマーにおける村上春樹の受容のされ方などは、きちんと調査すれば比較文化論として興味深いものになると思います。例えば村上春樹の作品に影響を受けたアメリカの若手作家は少なくありませんが、ミャンマーでも同様の文学的な傾向が生じているのかなどを知りたいです。

ミャンマー在住の日本人が、もっと現地の同時代カルチャー
に興味を持つようになればいいなと思ったらクリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年6月1日金曜日

【YANGON CALLING】新しいワンピースを入荷しました

ミャンマーの障がい者の人たちへ縫製などの職業訓練を実施し、自立と社会参加の支援活動を行っている日本のNGO、AAR Japanさんが運営しているショップ Princess Tailoring Shopへ新商品を入荷しました。

Aラインのワンピースは、キャップ型の小さな袖口が特徴です。今では入手困難となったタイプの花柄刺繍が施されたロンジー生地で作られています。少しタイトなシルエットなので、ワンサイズ大き目を選ばれた方が良いかもしれません。裏地付きなので透ける心配もありません。もちろん店舗で試着もできます。


Mサイズ:42,000MMK


Lサイズ:42,000MMK


XLサイズ:42,000MMK

インヤ地方の光沢感のある生地を使用した、IラインのVネックのワンピースです。こちらも少しタイトなシルエットです。涼しげな柄がこれからの季節にぴったりですね。同色・同素材の裏地を付けています。一見同じ柄に見えますが、よく見ると微妙に異なるテキスタイル・デザインです。ミャンマーの流通事情では、まったく同じ柄の生地を手に入るのはむつかしいので、ほぼ一点物になります。


Mサイズ:38,000MMK


Lサイズ:38,000MMK

こちらのデザインのXLサイズは、現在、製作中です。6月5日あたりに完成予定です。

AAR Japanさんが運営するお店の住所は、こちらです。
Princess Tailoring Shop 【No.8 Ground Floor, Nyaung Tone Road, Sanchaung Township, Yangon (レストラン喜洋洋の二軒左隣)】

ミャンマーの生地を使ったワンピース
いいなと思ったら、クリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年5月30日水曜日

シャングリラ・アパートメントのチャリティ・イベントに参加してみた

昨日、シャングリラ・アパートメントで開催されたチャリティ・イベントに参加しました。
同会場で外部から出展者を招聘した物販系のチャリティ・イベントが開催されたのは、初めてかもしれません。



少し前にFacebookの知人がこのイベントの参加者募集をシェアしてるのを見て、連絡先を聞いて参加の申し込みをしていました。正式な応募文書や一般的な告知もなく、ほぼ人づて、口コミでイベント参加者を募集していたので、本当に出展者が集まっているのか疑問でしたが、いざ蓋を開けてみたら、Hla DayやPomelo等のミャンマーを代表する小売業者が参加していました。
来場者はシャングリラ・アパートメントの住人を中心に、そこそこの集客がありました。他のコンドミニアムで開催されているイベントと比較しても、富裕層らしき客層が多く、客筋を考えるとヤンゴンで開催されている他所のイベントと比較しても、優良なイベントではないかと思いました。
こうした出展者にとって相対的に魅力的イベントが、一般的な告知や募集もなく、いきなり開催されるのが、ミャンマーらしいなと思いました。
こうしたやり方では、インサイダーとして情報を持っていないと、優良なイベントに参加する機会がないので、新規参入者にハードルが高いです。もっと情報を公開して透明性や公平性が担保されていてもいいのにと感じますが、ミャンマーではこれが普通のようです。



イベントのアトラクションで、出展者が寄付した商品をオークションにかけて、来場者に販売していました。これは自分が出品した商品に買手がつかなかったり、安値でしか売れなかったりするとけっこうバツが悪い。
この辺のイベント運営の内容に関しても、詳しい事前説明がありませんでした。こんな風に晒されるなら、もっと見栄えの良い商品を出品すれば良かったとほぞを噛んだ出展者もいたはずです(というか自分がそうだった)。
しかも出品した商品が売れた後に、その商品の出展者が英語でのスピーチを求められます。自分の出品した商品がオークションにかけて来場者に晒された後、英語でスピーチとかどんな罰ゲームだよと自分の番が回ってくるのが気が重かったです。
幸いにして(?)、私の番の時はスピーチを求められませんでした。時間が押していたのか、スピーチを求める価値がないと判断されたのかのどちらかでしょう(たぶん後者)。

今回はそれほど売上はなかったですが、プロモーションや他の出展者と知り合う機会としては価値のあるイベントだったので、今後も機会があれば参加してみたいです。
こうした場所で顔つなぎをして知り合いを作っておかないと、また他の優良イベントが開催される時に蚊帳の外に置かれてしまうので。

次はこのイベント行きたいと思ったらクリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2018年4月25日水曜日

新作ドレスのモデル着用写真を撮りました

先日製作した、Aラインのキャップ・スリープのワンピースのモデル着用写真を掲載します。
花柄刺繍の入ったロンジー生地を使用しています。60年代後半〜70年代前半のサンローランやケンゾーのコレクションに出てきそうな柄です。




S size: 40,000MMK

こちらのXライン・ロングスリーブ・ドレスは、モデル着用写真を掲載済みでしたが、モデルを変えて再度写真を撮りました。シャン州産の独特の風合いのあるコットンを使用しています。





M size: 45,000MMK

取り扱い店の住所は、こちらです。
Princess Tailoring Shop 【No.8 Ground Floor, Nyaung Tone Road, Sanchaung Township, Yangon (レストラン喜洋洋の二軒左隣)】

服を変えると気分も変わる。
新しい服で街に出ようと思ったらクリック!
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村